中国科大-国創高信頼性ソフトウェア研究センターが設立

中国科学技術大学は中国科学院に所属する先進科学とハイテクを中心に世界一流人材を育つ大学で、中国では超一流の理科大学でもあります。中国科学技術大学は世界先端科学を狙い、数多く領域においては世界をリードする研究成果をあげてきました。高信頼性ソフトウェア領域においても、2011年にMassachusetts Institute of Technologyが刊行する「 Technology Review」に発表された「Making critical software safer Crash-Proof Code」に国際最も優秀の四つの研究チームに選ばれました。

科大国創は中国科学技術大学を後ろ盾に、長期に渡ってソフトウェア製品の研究?開発を専念して来まして、reliability、security、Integrityにを非常に重要視しています。現在、ハイレベルの開発人材及び管理チームを多く有していて、自社著作権のアプリケーション統合プラットフォーム、データ統合プラットフォーム、ワークフロープラットフォームが通信、電力などの業界に幅広く応用されてます。

中国科大-国創高信頼性ソフトウェア研究センターは今後高信頼性ソフトウェアのISO/IEC15408の最高評価標準のEAL7に基づいて、理論研究から実際の開発に応用する方向の研究をしていく予定で、現在までは高信頼性ソフトウェアの開発検証原型を開発しました。これからは、検証ツール、開発プラットフォームなどを研究?開発し、系統的に高信頼性ソフトウェアーの開発環境を構築することを最終の目標としています。


式典現場

中科大候校長と董総経理及び研究センターメインメンバー